疲れた時、緊張した後、何かを頑張った日、ストレスが溜まって…

そんな時に、ついつい食べ過ぎてしまう甘いもの。

幸せな気持ちは一瞬で、後からやってくる後悔の念…。

なんてことありませんか?

 

薬膳では、「甘い」という味は、足りないものを補ったり、

滋養したり、身体を緩ませリラックスさせたりする働きがあると考えます。

ですが、ある程度の年齢になったら、バター、生クリームなどの動物性の脂と

白砂糖の摂り過ぎには注意したいものです。

年齢と共に低下してくる「腎」の働きを補って若々しさを保ち、

更年期の女性にもおすすめしたい食材がたくさん入ったクッキーをご紹介します。

自分のために、身体に優しい滋養のおやつを手作りしてみませんか?

■補腎の滋養クッキーバー(作りやすい分量)

<材 料>

●全粒粉       75g

●米粉        50g

●ベーキングパウダー 小さじ1/2

●きび砂糖      40g

●あら塩       小さじ1/4

 

◆黒ごま       大さじ1

◆くるみとカシューナッツ 合わせて30g(包丁で粗みじんにする)

◆ブルーベリー、いちじく、プルーンなどのドライフルーツ 合わせて50g(包丁で粗みじんにする)

油         50g(なたね油や米油などクセのないもの)

豆乳        20ccくらい

<作り方>

①ボールに●の材料を全て入れて手で軽く混ぜ、次に◆の材料を入れて塊をほぐしながら混ぜる。

②①に油を入れて手で混ぜ、生地全体に行き渡らせる。

③豆乳を加えて生地をひとつにまとめる。

④手を使って上から押しつけるようにしながら、生地を厚さ1cmの四角形に伸ばす。

⑤包丁で棒状に切り、オーブン皿に並べ、180℃で20分、その後様子を見て230℃で2分焼く。

 

<薬膳豆知識>

■全粒粉の働き

精神を落ち着かせ、ほてりやイライラを予防します。

■黒ごま、くるみ、カシューナッツの働き

老化防止や便秘の改善によいといわれています。黒ごまは白髪予防にも。

■ブルーベリーの働き

目の疲れ、血の巡り、老化防止によいといわれています。

■いちじく、プルーンの働き

腸の潤いを補い、便秘の改善によいといわれています。