薬膳では血のことを『栄養成分をたっぷり含んだ紅色の液体』と捉えています。

血が全身に行き渡り充分に滋養されることで、肌や髪が潤い、自然な艶が生まれます。

ところが、女性は月経や妊娠、出産、授乳、寝不足、ストレスなど

一生を通して血が不足しがちに…。

 

顔色が悪く黄色っぽい、肌に艶がなくカサつく、唇や舌の色が白っぽい、

髪の毛が細く痩せてきた、毛量が減って薄くなってきた、

そんな方に是非食べて頂きたい、薬膳おかずをご紹介致します。

 

お酒のおつまみにもピッタリで家族も大好きなおかずです。

作り置きができますので、冷蔵庫に常備して、

女性にとって大切な<血>をたくさん補って下さいね。

 

 

■黒木耳と鶏レバーの甘辛煮(作りやすい分量)

 

<材料>

鶏レバー                400g

黒キクラゲ              生70g

(乾燥の場合10g:たっぷりの水で戻しておく)

生姜                    ふたかけ

調味料                  酒、醤油 各50cc、砂糖 大さじ2、みりん 大さじ1

 

 

<作り方>

①レバーは一度洗ってから2cm角くらいに切り、再度2~3回水を変えながら血の塊などを取り除き、

ザルに上げて水気をよく切る。

②生姜は薄くスライス、黒キクラゲは1cm幅に切る。

③小鍋にレバーと生姜、みりん以外の調味料を入れて火にかけ、沸騰したらアクを取り、中弱火にして煮る。

*鍋が大きい場合は、水分が早く蒸発して焦げやすいため、調味料に水50ccをプラスする。

④汁気が1/3位の量になったら、黒キクラゲを加え、汁気が少なくなるまで煮上げ、最後にみりんを入れて

照りを出す。

⑤火を止めて、鍋のまま冷まして出来上がり。

 

<薬膳豆知識>

■黒木耳の働き

気血を補い、血を働きを整えるといわれています。

■鶏レバーの働き

肝や腎の働きを補い、血を養い、目の不調によいといわれています。