夏の健康ドリンク「梅ジュース」と「紫蘇ジュース」。

梅ジュース紫蘇ジュース

 

梅には、潤いを生み出し、喉の痛みや渇きを和らげたり、
下痢症状を緩和する働きがあります。

 

紫蘇には、更にたくさんの働きが。
身体を温める。
風邪による咳を鎮め、痰を取る。
胃腸のムカつきや吐き気を抑える。食欲増進。
魚介類による食中毒の防止。(解毒作用)
つわりの予防。など

 

 

梅と紫蘇のエキスたっぷりの美味しいドリンクで、
毎日を健やかに過ごしましょう♪

 

 

はちみつ梅ドリンク(作りやすい分量)

*胃酸過多の方は、空腹時の飲用は避けましょう。食後の飲用をおすすめします!

 

<材料>

青梅     1kg

はちみつ  1kg

 

<作り方>

①梅は洗って水気をよく拭き取り、爪楊枝で梅のヘタを取り、半日程置いて表面の水分を飛ばす。

②①の梅を消毒した瓶に入れる。

③上からはちみつをかけてフタをして常温で1ヶ月程置く。

(最初の1週間は1日1回上下を返し、はちみつをまんべんなく行き渡らせる。その後は数日に1回。)

④梅がシワシワになってエキスが出たら、完成。水や炭酸水などで4倍に薄めて頂く。

*シワシワになった梅は取り出しておきます。(そのまま食べられます。)

 

紫蘇ジュース(作りやすい分量)

*熱がある方、熱がこもりやすい方は控え目に!

 <材料>

赤紫蘇   300g

水     1.5リットル

きび砂糖  550g

レモン汁  60cc

 

<作り方>

①赤紫蘇はため水で優しく洗い、汚れを落とす。

水を数回変えて、きれいになるまで洗う。

②鍋に水を沸騰させ、赤紫蘇を入れて2~3分茹でてザルに上げる。

(3回位に分けて行うと茹でやすい)

③茹で汁をザルで濾して鍋に戻し、砂糖を入れて煮溶かし、火を止める。

④粗熱が取れたら、レモン汁を加えて混ぜ、消毒した瓶に移す。

⑤水や炭酸水で4倍に薄めて頂く。

*どちらも冷蔵庫で保管して下さい。

 

夏バテ、夏風邪、食欲不振…
夏の体調を整える「梅ジュース」と「紫蘇ジュース」を是非ご家庭で作ってみませんか?